練習試合 @御馬が池グラウンド
1試合目  
コンドルズ  002|000|0  2
赤佐ヤングス 120|010|X  4
この日は古豪、赤佐ヤングスさんとの3連戦。1戦目、エラーや四球などがからみ3点を追う展開になります。しかし3回、智道が無死からライト前ヒットで出塁し、1番ひょうの四球で1,3塁とすると、ハルキがセンターに3ベースを放ち2点を返します。4回、レフト線への3ベースを打たれたのちワイルドピッチで1点を奪われます。2点差で迎えた7回、代打こたろうが初球を狙いすましレフトの頭上を越える弾丸ライナーを放ち、2塁を蹴って3塁に向かうも、中継からの好返球に3塁憤死でチャンスメイクできず。後続が倒れゲームセット。まだまだ、状況を読んだプレーをする必要があるなぁと痛感した試合でした。

2試合目  (特別5回コールドルール)
赤佐ヤングス 001|00  1
コンドルズ  100|1X  2
5年生メインとなったこの試合は、先発あれんが、コーナーを突く抜群の制球で相手チームを抑えます。すると1回裏、ともやとあれんで1点を奪います。しかし3回ライト線に痛烈な一打を打たれ1死2塁となるも、ワイルドピッチをキャッチャー周作からの送球をサードがはじく間に、相手ホームを狙うも素早く拾ってホームでアウト!失点を防ぎます。しかし、次の打者を四球でだすと、相手の盗塁に2塁送球が大きく逸れ、さらにカバーに入ったセンターが後逸し1点を返されます。しかし4回、聖がファーボールで出塁すると、2盗、3盗をし焦った相手のワイルドピッチの間にホームを陥れ勝ち越しに成功。最終回の5回エラー、盗塁、ボークで3塁まで進塁されるも最後のバッターをセンターフライに抑えゲームセット。勝利しました。

3試合目
コンドルズ  020|001|0  3
赤佐ヤングス 620|202|X  12
この試合、相手先発は少女選手。しかし球の早いこと、早いこと(驚)さらに制球が抜群(驚驚)先攻コンドルズ3人で終えるとその裏、先発のこうたの制球が乱れ、打者一巡の猛攻でいきなり6点を先制されます。しかし、その裏、こうたのセンターオーバーの3塁打とリュウイチロウのライト前のあたりが大きく跳ねて、自身初となるホームランで2点を返します。しかしその裏、外野へのヒット3本を集められ2失点。ここで救援にはいったこうすけに代わり、先発のこうたが再登板。制球を立て直し後続を抑えます。しかし、攻撃では、こたろうのセンター前ヒット、こうすけのセカンド頭上を越えるライナーの散発2本に抑えられ、四球で出たはるきが2,3盗をきめ、4番万里のショートゴロの間に1点を返すのがやっと。終わってみると3-12の完敗でした。

3試合組んでいただいた赤佐ヤングスさんには感謝ですね。5年生も実践をつめたし、僅差の勝利をもぎ取った経験も次に生きるはず!次の試合もがんばろう!

Leave a Reply

Access
Total: 573719
アーカイブ